New Open!クーポン利用で10%OFF

鍛造で作る結婚指輪

指輪の製造方法は
大きく分けて

鍛造(たんぞう)鋳造(ちゅうぞう)

との2種類があります。

それぞれの特徴があり
どちらの製法で作られたリングも
それぞれの美しさがあります。


鍛造は伝統的な製法で、金属の塊を叩いて伸ばして棒状にし、曲げて溶接してリングの形にしていきます。
その後ヤスリやヘラなどを使って仕上げていきます。

指輪を丸くする時に木槌などで何度も叩いて金属を鍛えながら作っていきます。
(いわば刀鍛冶のようなイメージです)

金属を叩くことで鍛えられ、引き締まるので、変形しにくい強度が高い指輪になります。
繊細で複雑なデザインを作るのはやや難しいですがシンプルな指輪を作るのに向いています。

鍛造 結婚指輪 作り方